美容室代や化粧品代を経費に!エステや美容整形、脱毛代までを節税する方法

美容室代や化粧品代を経費に!エステや美容整形、脱毛代までを節税する方法

美容室代や化粧品代を経費に!エステや美容整形、脱毛代までを節税する方法








アリシアクリニック

お得な特典付き!

詳細情報はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


アリシアクリニック






レジーナクリニック

お得な特典付き!

詳細情報はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


月々4,700円






リゼクリニック

お得な特典付き!

詳細情報はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


スタンダード月額






エミナルクリニック

お得な特典付き!

詳細情報はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


HMRクリニック






TCB東京中央美容外科

お得な特典付き!

詳細情報はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


医療脱毛









節税コンサル:
チャンネル登録:

男性でも女性でも、誰でも美容室に行きます。これが女性なら、自分の化粧品を購入するのは当然です。人によっては、エステや美容整形(脱毛を含む)に行くかもしれません。

こうした費用は年間にすると非常に高額になります。そうしたとき、このとき出したお金は経費にできないのでしょうか。

基本的には経費にできませんが、やり方によっては問題なく経費にして節税できます。具体的な考え方をここでは解説していきます。

【もくじ】
0:37 原則、美容代は経費にできない
2:14 芸能人やホステスで特殊な出費は経費化できる
4:17 エステ代、美容整形代は言い訳が厳しくなる
5:13 何とかビジネスに結び付ければ経費になる
6:31 言い訳を考えればエステや整形・脱毛が経費化可能

・節税サイト:
・Twitter:
・インスタグラム:
・TikTok:@tax5115

脱毛エステカテゴリの最新記事